Sign up for our e-newsletters!*

*A Class Act NY is committed to your privacy and we will not share your email address or personal information for any purpose

LINEが使えるようになって、とにかく私の生活が便利になり、お金の支払いが少なくなったことは大いなるメリットです。少ないデータ量でやりとりができ、写真、動画、ファイルに至るまで、すべてがLINE上で出来ることに、本当にその便利さに感動していますよ。

グループを作ってそこでアルバムを作成したり、電話も無料。画面を見ながらも話せますし、特に私が気に入っているのがファイルのやり取り。仕事用のファイルはパソコンでLINEを同期させることで、簡単に両方のデバイスでLINEを使いこなすこともできてしまいます。そしてこれら全てが無料!

さらには、名刺の管理サービスまで提供しているんですよね。カメラでスキャンすると、OCRと人の手によって名刺情報がデータ化されます。連絡先に登録していなくても、データ化できれいる名刺は、画面にその人物の情報が出てきますし。これで無料。。しつこい?^^

詳しくはこちら

CRMの活用が広がっていますが、実際にこのCRMをきちんとつかいきれていない、という場合が多いそうです。勿体ない話ですよね^^

しっかりと活用されていないのに、「このCRMは使えない。こんなツールは自社には必要ない。費用の無駄。」といったように、CRMそのものが否定されてしまうことも少なくないんですね。これでは、CRMやそれを作っているベンダも気の毒に感じますね。

CRMには、顧客情報、購入情報、コールセンターやメールなどでの問い合わせ内容などの履歴などすべての情報が集約されています。それらの中から、自社に必要な情報を分析し、顧客に還元。それが効果が出なければ別の方法で分析し顧客に、というように、何度も施策を繰り返しては実行、改善をしていくというサイクルが重要なんですね。これらを実施し、どういった施策が成功し、失敗するのかを判断できるようになれば、CRMの効果はしっかりと感じることができます。

CRMの使いさすさや効果の出やすさ、といった面の向上を願う向きもありますが、使いこなせるようになる努力も必要かもしれませんね。

営業マンの中には、常に上司の目が気になって仕方がない、という方も多いのではないでしょうか。とくに、最近成績が上がらない人は、ちゃんと仕事をしているのかどうかを見られているような気がするとか・・・。

そんな時、SFAといった営業活動を可視化されるツールを導入されると、余計に心配になるようです。営業日報に営業活動や案件情報を入力すると、リアルタイムで上司に届くことになります。アポイントを取り付け、順調に営業活動が出来ていれば自分の仕事ぶりをアピールできるものの、なかなかアポ取りができなかったり、案件を進めることができていなければ、日報に入力すること自体嫌になります。

もっと困るのは、嘘の情報を入力してしまう営業マンも出てくるんですね。上司にこれ以上目をつけられないよう、それとなく営業を行っているような日報を書いてしまうこと。

成果が今は出ていなくても、その状況をありのままに日報に入力することで糸口が見えてくる、ということもあるため、むしろ成績が最近上がらなくて困っている営業マンの方は、積極的にSFAを使ってみてはいかがでしょうか。

ナレッジスイート株式会社

セブンイレブンから、アプリやメールで通知がよく来るのですが、一体私はいくつセブンとつながってるのだろう?いつのまにこんなにセブンの重要顧客のような感じになってるんだろう?と思ってしまいました^^それくらい、頻繁に何かが来るんですよね。

ただ、お得なお知らせだし、どうせこれからセブンに行くから、もらっておいて損はないものばかり^^やっぱり私はセブンの上顧客なんだな^^と思ってしまいました。

今、セブンだけでなく、他のコンビニも本格的なCRMの稼働、そして決済アプリによってより便利なお店へと進化させようとしています。顧客は便利さ、そしてセブンなどコンビニを経営する会社としては、それぞれの店舗における顧客の傾向が明確となり、無駄を排除できる。そして今大きな問題となっている人件費の削減にもつながります。お金の部分でデジタル化が進めば、物を販売するお店では大きな変革が期待できますからね。

それにしても、スイーツアンバサダーのクーポン。もう少しお得になりませんかね?^^

重要な取引先の方たちと名刺の交換ができたけど、それを有効活用できないのがもったいない、名刺の管理が属人的で社内共有が不可能、営業の履歴が少しでも解ると助かるのに、こういった不満って、実はどの会社でもあることなのではないでしょうか。

せっかく貯まっている名刺だけど、これをどのようにして営業に活かして良いのかがわからないというのが多くの会社の不満でもあると思います。この不満を解消できるのが、名刺の管理ツールなんですよね。

名刺情報をデータ化し、社内で共有。しかも営業管理やプロセスまで載せることができますから、CRM、SFAの縮小版ツールとしての利用も可能です。

もし、ちょっとした不満なんだけど解消できれば業務効率が実現できるのに・・と思い方がいたら、この名刺管理ツールを導入してみてはいかがでしょうか。

参照URL

大変な世の中になってきていますよね。会社の社長さんのお話しですが、以前と同じように働いていても、利益は減ってきている。顧客のニーズが多様化したことで、業務の内容は細かくなるし、すべてをしっかりと行えば必然的に従業員の労働時間は増えてしまう。しかし政府は働き方改革の名のもと、労働時間を減らせという。会社は潰れる方向にしか向かっていないと・・。地方の零細企業じゃなくて、それなりに実績を高めている企業でも、苦しい場面を迎えているようです。

世の中にはSFAなど、業務効率化が実現できます、と謳うツールもあることはありますが、すべての働く人がこういったITツールを使いこなすことはできません。とくに年齢層が高い社員が多い昔ながらの企業では、誰もこんなツールのことは知りませんし、導入の話しが出たところで、賛成する人はいないでしょう^^スマホさえ電話、メール止まり。日報はもちろん紙。そんな状況で、SFAなど「何のこと言ってんだ?」ということになりますからね^^

何かと話題になっている社長が率いるネット通販大手企業。その企業では、オリジナルの採寸スーツを作り、無料でユーザーに配布しています。そのスーツをユーザーが着て、スマホで360度撮影することで、自分のサイズ18か所が自動で測れるというもの。

ネット通販は便利ですが、洋服や靴というのは見た感じの印象と実際着てみてからの印象がかなり変わってしまうことがあります。それはサイズの問題。試着ができない分、返品も多いですよね。ここに時間と手間のロスが大きく出てしまい、ユーザーも購入の戦意喪失も出てしまいますから^^企業としては歯がゆい部分だと思います。

これを、採寸のためだけのスーツを作ることで、ユーザーは自分にピッタリのサイズの洋服を購入でき、返品などの面倒な作業をしなくて良いわけです。顧客満足度の向上、CRMにもつながるわけですね。

ただ、この社長さんの狙いはユーザーの満足度向上以上に、全世界の人類のサイズ情報を入手し、それを次のビジネスに活かす、そんな狙いがあるそうです。。これを聞くと、ちょっと怖い感じもしますよね^^

CRM比較

新規顧客を獲得するために、どうしてもやってしまうのが飛び込みの営業だと言います。ただ、実際にはそのなかの何割が本当に顧客になってくれるのか。。営業マン自体も実はこういった飛び込み営業は無駄な時間だと思っているんですよね。

しかし、飛び込み営業や電話での勧誘よりももっと確実で効率的に新規顧客獲得ができる方法はあるんです。それは、既存顧客からの紹介です。思い出してみてください。所有しているクレジットカードの会社から、「お友達紹介で○○○ポイント進呈!」といったメールが届くこと、ありませんか?これですよ^^

すでにいる既存顧客に身の回りの人を紹介させ、その人にも何らかのメリットを提示することで、新規顧客獲得を狙うわけです。既存顧客もかなりのポイントがもらえるため、必死で対象となる人を探す。いわば、既存顧客が自社の営業マンになってくれるということ。SFAなどを活用しなくても、広告費、人件費もかけずに新規顧客獲得ができるので、これは最高に効率の良い方法になるんですね。

断捨離をビジネスでもやってしまおう!とする際、その候補に一番先が上がってくるのが名刺ではないでしょうか?机の中、カバンのポケットや底の方に溜まっている名刺。これらを、一定期間使っていなければもう捨ててしまおうと。ただ、あと一回だけその名刺にチャンスをあげませんか?捨てる前に名刺の管理ツールに情報を入れておく。

今は必要無い名刺情報かもしれませんが、3ヶ月後くらいにいきなり「あの名刺まだあったっけ?」と騒がず、「そうだ!ツールに入力してた!」と、自分の利口さに感激するかもしれませんよ^^

名刺は貯まっていくもの。でも使わなければ溜まってしまうもの。名刺をもらったらすぐに名刺の管理ツールにデータを移し変えておくことで、「ここぞ!」という時には情報を活用し、整理したい時には名刺そのものは処分していくというのはいかがでしょうか?

スクジュール管理

SFAについて何か新しい情報が無いかネットで調べるんですが、圧倒的に少ないんですよね。それだけ一般的にはSFAは浸透していないということでしょうか。

同じ営業支援ツールでもCRMの方が少しはマシのようです。CRMもそんなに知られているとは思いませんが、それでもまだニュース的にはSFAよりも多いようです。

理由としては、業界内でもそれほどSFAという言葉は浸透していない、CRMの中の一つの機能としている、あるいはその逆であるものの顧客情報管理のCRMの方が注目度が高い、といったことがあるようです。

SFAは新規顧客を獲得する、案件のプロセスを透明化する、業務の効率化を図ることができるツールですよね。これだけ見ても、営業部門の人たちが知れば、すぐにでも導入したいと思うでしょう。ただ、使い方、操作性が難しく、入力に時間がかかるというデメリットもまだまだあるため、大企業くらいしか使えていない、ということもまた浸透していない理由と言えるかもしれませんね。

« Older PostsNewer Posts »