Sign up for our e-newsletters!*

*A Class Act NY is committed to your privacy and we will not share your email address or personal information for any purpose

「これで業務を改善させるぞ」と勢いよくSFAやCRMなどの新しいシステムを導入したものの、なぜだか現場に定着しない…といったことが意外と多いようです。その原因は、導入のやり方が間違っていたからかもしれませんよ。ベンダーは大抵システムを構築するまでで、正しいシステムの導入手順なんて誰も教えてくれませんからね。そこで今回は、システム導入時に抑えておきたいポイントについて紹介します。一つ目は「操作や入力方法など、なるべくシンプルになるように設定すること」です。現場は面倒なことはやりたくないというのが本音。だからこそ作業量を最小限に抑えることはとても大切なんですよ。また困った時のサポート窓口なども用意しておくと良いでしょう。二つ目は「初期の導入範囲はなるべく小さく始めること」。いきなり全社をあげて導入すると、色んな部門から要求や問い合わせを受けることになって大変です。導入を成功させた部門を徐々に広げていくだけで、反発の量を最小限に抑えることができるそうですよ。三つ目は、「導入推進者となるキーパーソンを各部門に設置すること」です。納期や導入範囲、用意できるリソースなどを考えながら、キーパーソンと話し合いを進めていって下さい。以上のようなポイントに気を付けて、システムの導入効果を最大化できるようにしましょう。

ずっと今までうまく活用できていない状態が続いていた・・というのが名刺。ほとんどの会社で、社員がもらった名刺といのはそれぞれが管理していたはずです。営業担当者にすべて渡るような仕組みができていれば別ですが。。

机の引き出しに入れていたけど、結局どこに保管しているのか忘れてしまった、ということもあり得るんですよね。これでは、せっかく名刺をもらっても意味がありませんよね。

ここに目を付けたのが名刺管理サービスなんですよね。CRMと連携させることで、大きな効果を発揮します。名刺をデジタルデータ化し、社内で共有が可能に。データ化されることで、色んな確度から検索ができるようにもなりますし、誰が以前アポイントを取ったことがあるのか、あるいは商談したことがあるのかも把握できるようになります。

また、今、求められている情報の管理もこのツールでできてしまうんです。名刺を持ち歩いて紛失!なんていうことや。転職した営業マンが持ち去ることも無し。これで取引先の企業、担当者の情報流出を防ぐこともできるようになるんです。

営業支援システムSFA KnowledgeSuite

SFAのスムーズな運用は当たり前と思いこみ、評判の良いSFAを導入したものの、思ったような成果が上げられない、結局宝の持ち腐れになっているという会社も多いのでは?

相当な費用をつぎ込んで導入したシステムでも、それを使いこなすということは難しいんですね。言い方を変えれば使いこなすための努力が必要なんだと思います。

SFAもその努力が必要なシステムと言われています。ただ世間で評判が良いシステムだから、ということだけで導入しても、それをきちんと運用していけるだけの力を社員がもっていない、あるいは運用していこうと勉強をしていないと、このシステムは効果を発揮してくれないんですね。

導入したことだけで社長は安心し、SFAの担当者はデータを入力しただけで満足する。確かにSFAの第一歩はデータの入力ですが、その先にあるデータの有効活用、共有化によあるマーケティングなどがどれくらい深く突っ込んでいけるか、ここにかかっているんですね。

ある企業がSFAを導入した際の目標について語っているコラムがありました。その企業の目標とは、属人的な案件管理を効率化さえ、会社が一元管理できるようにしたい。各営業マンの営業技術、手法の向上を図りたい。そして、成功、失敗に関わらずすべての案件を共有して今後の営業に効率的に役立てていきたい、というものでした。

日本の営業において属人化されていることは、ずっと問題視されてもいましたが、なかなかそこから抜け出すことも難しかったようですね。人の経験や勘といったもの、そして記憶を使っての営業は、確かにすばらしいものですが、今の営業マンたちには不向きなのかもしれません。そのため、次第にSFAといったツールの導入も進んでいるのかも。。

また、成績の良い営業マンが実際の営業現場でどのようにして営業を行っているのかを知ること、先に成功、失敗した案件を知ること、これが次なる利益を生むこともよく知られています。

これらの目標がSFAの導入で達成できる、ということに、改めてSFAの有能さを知った気がします。

個人情報が記載されたデータや書類の盗難、紛失、流出などのセキュリティ被害は、今や企業の存続さえも左右する事案です。ところがこれほど問題になっているにも関わらず、未だに一元して情報管理をしている企業は多くないのが現状のよう。企業や個人名、所属、電話番号などが記載された名刺や顧客リストなどを紙媒体で持ち歩いているビジネスマンが多くいるのです。セキュリティ強化の重要なポイントは、「社員個人の管理ではなく、企業として情報管理をすること」なんですよ。企業が顧客情報を一元管理することで、様々なセキュリティリスクを排除できますし、さらには企業としての信頼が強固なものとなるという。社員のセキュリティ意識を高め管理を徹底するためには、その重要性について認識してもらうための啓蒙を続けながら、情報を一元管理できる便利なツール(名刺管理ツールやSFA、CRMなど)を導入することが大切になってきます。一元管理された顧客情報はセキュリティ強化につながるだけでなく、商談管理や活動報告に利用することができ、営業の生産性向上にも一役かってくれることでしょう。まさに一石二鳥ですね。sfaとは

CRMを社内で運用までしっかりと浸透させていくには、これを管理する管理者の存在が非常に大きな意味を占めるようです。CRMを使うことで顧客情報の分析ができ、その分析内容から顧客のニーズを先回りして探し出し、顧客に情報を提供。結果的に顧客満足度を上げていくこと、これがCRMの最大の目標となるのですが、その前にCRMが放置されたり、結果を出すことができない状況に陥ることが多々報告されているんです。

CRMの導入にも多額の費用がかかっています。それを無駄にはできませんよね。ではどのようにして円滑に運用まで進めることができるのか。それが管理者なんですね。

試用期間があれば、その際に管理者セミナーや研修を受け、入力項目の選定の仕方や不具合が出た際の解決方法、情報分析の基軸の設定方法などをしっかりと頭に入れておき、担当者の不安を払しょくできるだけの知識をもっておくこと。

また、運用を取りまとめてツールを使っている担当者のモチベーションを上げてあげることも、非常に重要な役割となるそうです。管理者の方・・・大変ですね^^

新社会人になると覚えることがたくさんあって大変ですよね。私も社会人になりたての頃は、上司や先輩に教わった事とか仕事の手順とか、思いついたアイデアとかをノートにビッシリとメモしてましたよ。でもせっかく書いておいても、どこに何を書いたのか分からなくなってしまって結局見直さずに終わってしまった覚えがあります。ですが今はメモを残すといってもノートとかではなくスマートフォンを使っている方が多いのではないでしょうか。私がオススメしたいのは、テキストだけでなく、Office文書やWebページ、写真、動画、ボイスメモなど、さまざまな情報を簡単に保存できるスマホアプリ『OneNote』です。OneNoteの特徴は、「キーボード・手書き入力・音声メモなどで、いつでもどこでも手軽にメモができること」「強力な検索機能が備わっていること」「他のOfficeアプリとスムーズに連携して使うことが可能なこと」などが挙げられます。情報整理がとても楽になりますよ。私が新社会人だった頃にも、こんな便利なものがあったら良かったのになぁ。そしたらもっと早く一人前になれたかもしれませんよね!?Sales Force Automation (SFA)とは

スマートフォンをパソコンのように使うことができる「Continuum」機能を備えているWindows 10 Mobileは、さまざまな企業やビジネスマン達に注目されています。が、iOSやAndroidに比べてアプリの充実度にはまだまだ課題が残っているのが現状のよう。そこで最近になり、Windows 10のユニバーサルアプリではなく、既存のパソコン向けアプリを動作させようという動きが出てきており、Windowsアプリ業界でちょっとした話題になっているそう。ARMプロセッサを搭載したWindows 10 Mobileスマートフォンで既存のパソコン向けx86アプリをエミュレーションで動作させるというこの技術は、『Project Cobalt』と呼ばれ、2017年秋のリリースが予定されています。Windows 10の次々回行われる大型アップデートでサポートしてくるってとこでしょうか。このエミュレーション技術は、興味深い技術ではあるものの新規ユーザー獲得の突破口になるのか否か…疑問も感じます。どちらにせよWindows 10 Mobileスマートフォンそのものの魅力や周辺環境の整備なども併せて行っていって欲しいものです。

きっと売り上げアップには営業支援ツールのひとつ、SFAわが社にも役に立つはず!という話題が会社で出た時、営業支援ツールてSFAとあとCRMというものもあったよね、という話しになる場合もあるようです。

SFAとCRM。英語が3つずつ並んだこの2つの単語。正確には頭文字を取った単語なんですが、日本人の私たちにはどちらがどのような意味だったか解らなくなりませんか?^^

IT Koala Naviというサイトで見たんですが、SFAの目的は「営業活動の効率化」、CRMは「顧客満足度の向上」。両方ともに顧客情報を利用することでは同じのようですが、SFAは「営業チームの活動を標準化」CRMは「顧客満足度の向上」が、それぞれのツールを導入すると可能になるそうです。

SFAを導入するということは、売り上げアップは最終的な目的であり、まずは営業グループ全体の営業力アップ、底上げ、標準化であり、これらがうまく回るようになって売り上げアップができるということ。これらをまずは理解することが大事なようです。

SFAは導入に大きなコストが必要となることから、中小企業にとっては高根の花・・と考えられているようですが、近ごろは中小企業向けのSFAや、お試し期間を設けた敷居の低いSFAが登場してきています。

なので、とっかかりはこのような手軽に導入できるSFAを使ってみるか!という流れになるようですが、ここでちょっとご注意を。

もし、お試し期間のあるSFAを実際に試してみて自社に合わないシステムだと分かれば、期間が終了すれば利用しなくなりますよね。そこがお試し期間の良いところですから^^でも、その期間に自社の本来のデータを入力して使っていたら・・。営業マンが毎日コツコツと集めた大事な情報や商談内容です。これをお試し期間中に大量にデータ入力してしまっていたら、これをどうやって回収するのでしょうか。

データの安全管理、この点を考えると、お試し期間中は偽データや必要の無いデータを活用して、使いやすさや運用のしやすさを試してみる、ということをお勧めします。

Newer Posts »