Sign up for our e-newsletters!*

*A Class Act NY is committed to your privacy and we will not share your email address or personal information for any purpose

最近になってはじめてCRMという言葉を耳にした営業マンも多いのではないでしょうか?自社ではずっとベテランの営業マンが頑張っていたため、ITツールの導入なんて考えられなかった。社長の代替わりになり、若い考えが入ってきたことから、営業にもIT化が推奨され、CRMという顧客関係管理ができるツールが導入された。そんな会社も日本中で見られるようになりました。

実はこのCRM。アメリカですでに1990年代には普及し始めていたんですよね。顧客情報を一括管理し、社内の誰でもが顧客からの問い合わせに応えられるようになり、またどの顧客がいつ、どんな商品を購入していたのか。次にどういった商品をいつ頃欲しいと言ってくるのか、こういったことまで分析できます。そしてアメリカ的なのが、営業とは1人で行うものではなくてチームとして行うもの。なので、顧客情報の一元化ということがとても重要視されたわけです。

日本では営業は営業マン個人の采配で行われるものだったため、1990年代後半に日本にCRMが入ってきてもあまり歓迎されなかったそうです。


»

TrackBack URL

コメントする