Sign up for our e-newsletters!*

*A Class Act NY is committed to your privacy and we will not share your email address or personal information for any purpose

CRMを使ってみてその便利さに驚いたという話を聞きました。その人が最も便利さを感じたのはレポートの作成。その時々によって欲しいデータが違う、ということもありますよね。それをいちいち人の手で変えていたのでは時間がかかりすぎます。でも必要だし、上司から命令されれば従わなければいけません。

CRMだったら、データの抽出法を変えるだけ。たった一度CRMに営業情報を入力していれば、いろんなデータの取り出し方法を変えて、様々な面から確認していくことができます。

自社の営業マンたちが相手にする業種ごとに、強い弱いがあったり、どういった段階で失注につながっているのか。あるいは成功した案件ではどの段階から成功が見えているのかなど、営業マンが苦手とする分析が、CRMを活用することできちんとできるようになるんですね。

勿論、マーケティング部の方で分析してもらい、営業マンに返してもらうことだってできます。同じ情報を共有しているため、行き違いなどもこれまでに比べて格段に少なくなるはずです。


»

TrackBack URL

コメントする