Sign up for our e-newsletters!*

*A Class Act NY is committed to your privacy and we will not share your email address or personal information for any purpose

CRMを使おうとするとき、難しい用語がいくつも出てきて翻弄されることってよくありますよね。個人的には、アルファベットで表記せずに日本語に訳して表記してくれれば、きっと大変の人は自ら使ってみよう!という気になるのではと想像しています^^

よく、CRMを提供しているベンダーでは、直感的な操作性が実現!などと謳っていますよね。確かに画面は直感的で扱いやすいかもしれません。しかし項目を見ると全然直感的ではない^^意地悪されているのかっ?と思われるような知らない単語が混じっているものです。

ベンダーのスタッフに質問しようと思うけど「そんなことも知らないでCRMを使おうとしているのか・・」と思われるのが嫌で、結果的に質問できずに放置してしまっている、というケースもあります。購入した製品に見慣れない用語が使われていると、結局使わず終いということがよくありますよね。CRMだってそうなのでしょう。でも、CRMほど何の機能を使い、分析し、営業に活かすのか。難しそうな機能も使わなければ意味が無いんです。用語に翻弄されず、使いこなすには、時間が必要かもしれませんね。


»

TrackBack URL

コメントする