Sign up for our e-newsletters!*

*A Class Act NY is committed to your privacy and we will not share your email address or personal information for any purpose

私もついつい引っかかってしまう?のですが、タイムラインで流れている商品をつい、クリックしてしまいます。自分が過去に見た商品、またはそれに近い商品がタイムラインで流れていきます。

過去に見た時はそこまで必要だと思っていなくても、他に気に入ったものが無い時「あ、あの時の商品ってどれだっけ?」と探す途中、タイムラインで見れたりすると「よっしゃ!」と、その機能にとても感謝したくなるんです^^もちろん、それは購入へと至ります。

ショップ側としては、CRMの活用により、こういったことが簡単にできるようになっているんですよね。今見ている、そして過去に見た商品はこんなものでしたよ~、買い忘れはありませんか~、こんな商品も別にありますよ~、と、まるでユーザーそれぞれに専用のスタッフが付いて案内しているかのようです^^

たまにうざい!と思ってしまうこともありますが、場合によってはおすすめの商品がピッタリ合って満足することも。なので、こういった機能というのはこれからも重要になってくると思いますね。


»

TrackBack URL

コメントする