Sign up for our e-newsletters!*

*A Class Act NY is committed to your privacy and we will not share your email address or personal information for any purpose

SFAを使えるようになれば、営業日報をわざわざ会社に戻って書かなくても良くなる、企画書や資料作成がSFAによって各段にしやすくなり、時間、手間もかからなくなる、と言われています。

ただ、これはあくまでSFAの表面的な価値にしかすぎません。SFAに情報を入力するだけ入力し、その後、どのように使っていくのかが具体的に見えていない、突き詰めるを何をするツールなの?という社員も実は多いんですよね。

SFAは、情報を入力し、蓄積することで、そこから分析して得られる情報を確度高いものにします。そして、その結果を次の営業に反映させることができる、効率的に営業を行うことができるわけです。無駄にアプローチをしない、無駄な仕入れをしない、そして効率的に新規顧客を獲得し、維持していく。こういった今で言う働き方改革を実践できるツールとなっているわけです。

表面的なメリットばかりを社員に説明するだけでなく、真の目的をきちんと伝えたうえでSFAを導入したいですね。

»

TrackBack URL

コメントする