Sign up for our e-newsletters!*

*A Class Act NY is committed to your privacy and we will not share your email address or personal information for any purpose

SFAについて何か新しい情報が無いかネットで調べるんですが、圧倒的に少ないんですよね。それだけ一般的にはSFAは浸透していないということでしょうか。

同じ営業支援ツールでもCRMの方が少しはマシのようです。CRMもそんなに知られているとは思いませんが、それでもまだニュース的にはSFAよりも多いようです。

理由としては、業界内でもそれほどSFAという言葉は浸透していない、CRMの中の一つの機能としている、あるいはその逆であるものの顧客情報管理のCRMの方が注目度が高い、といったことがあるようです。

SFAは新規顧客を獲得する、案件のプロセスを透明化する、業務の効率化を図ることができるツールですよね。これだけ見ても、営業部門の人たちが知れば、すぐにでも導入したいと思うでしょう。ただ、使い方、操作性が難しく、入力に時間がかかるというデメリットもまだまだあるため、大企業くらいしか使えていない、ということもまた浸透していない理由と言えるかもしれませんね。

»

TrackBack URL

コメントする