Sign up for our e-newsletters!*

*A Class Act NY is committed to your privacy and we will not share your email address or personal information for any purpose

SFAを活用することで、新規顧客を獲得する率が高まると言われています。セミナーやイベントなどを仕掛け、より多くの名刺を集める。それらを見込み顧客情報としてSFAに落とし込み、これまでに新規顧客を獲得してきたデータと合わせ、どのような会社にいつ、どのようなアプローチをかければ良いのか、または候補となる会社をランク付けして、どこから優先的に営業をかけるのか、ハッキリとわかるようになるんですね。

ただし、これらの分析結果というのは、あくまで自社で自社の情報のみで出された分析結果。実際にアプローチをかけてみると、非常に反応が薄い場合もたくさんあるんですね。その理由は、セミナー、イベントにやってくる客というのは、ほとんどが情報を収集するため目的。イベントを実施している企業の他に、集まってくる企業の情報を集めたいわけです。他の会社だって営業先を求めているわけですから、のほほんとイベント会場に来ているわけでは無いんです。

この辺もしっかりと把握することも、SFAを使った営業には大事となりますね。

»

TrackBack URL

コメントする