Sign up for our e-newsletters!*

*A Class Act NY is committed to your privacy and we will not share your email address or personal information for any purpose

システムの得意な事、それはミスを発見することです。例えば、営業の際に発注された情報をExcelに入力。そこから発注書を作っていても、突然担当者が替わったりすると発注にミスが出ることがよくあります。同じ担当者でも、ミスを犯してしまうことがあるものです。

それをそのまま発注にかければ、営業先に納期の延期をお願いしないといけなくなったり、自社に大きな損害をもたらす可能性もあります。こんな人為的なミスは起きるものですが、最小限に食い止める必要もあります。

そこでSFAを使い、営業活動や営業プロセスを入力し、そこから発注なども行っていけば、SFAのシステムによって人為的なミスがあれば警告をしてくれるんです。これまでの発注と大きく違っていたり、ミスの原因を探る、といった時間も必要無くなります。

こういったことはシステムというものが得意とする分野でもあります。働き方改革の推進にも一役買うSFAは、これからのビジネスにおいては必須のツールになっていくと思われますね。

営業支援サービス案内

»

TrackBack URL

コメントする