Sign up for our e-newsletters!*

*A Class Act NY is committed to your privacy and we will not share your email address or personal information for any purpose

営業部がいくつもある大きな会社。営業とマーケティングが離れた場所にある会社。これらの会社があるイベントやセミナーを開き、見込み顧客のデータを管理する際、とても大変・・ということがわかりますよね^^

一つの場所に保管していても、これらの情報を誰が一括でデータ化するのか、運用はどこの部署が行うのか、すぐに情報を取り出せるのか・・。会議を開き、見込み顧客のデータが欲しくても、曖昧な管理のせいでどこに保管されているのかわからなくて、会議自体がぎくしゃくして終わったということもあるんですね。こうなると、目も当てられないかもしれません^^

データを必死で探すことは、時間と手間の無駄です。ハッキリと言います^^最初から顧客情報はSFAに入力し、それを営業活動に活かしていく。そのために、イベントなどの前にSFAの導入を進め、利用できるようにしておけば、会議などでもスムーズに欲しい見込み顧客データを探すことが可能となるんです。

sfa営業支援に活用

»

TrackBack URL

コメントする