Sign up for our e-newsletters!*

*A Class Act NY is committed to your privacy and we will not share your email address or personal information for any purpose

名刺の管理ツールの導入を検討する際に、どの方法で名刺情報をデータ化するのか、この点も重要になってきますよね。

OCRなのか人の手なのか。人の手でデータ化する会社では、名刺を何分割と分けて複数の人が目視し、それを入力しています。OCRは機械でデータ化するのですが、今までの技術ではうまく読み取れない、というデメリットがたくさん聞かれていました。

そこで、いろんな工夫をしてそのデメリットを克服しているようです。複数のOCRを使う、それでもエラーが出る場合には人の手が最終的に使われる、両方で行っているなど。

名刺を管理することはもちろんですが、そのデータが正しくまずは入力されることが最低条件ですからね。セキュリティも含め、導入前にはいくつもの観点からツールを選び、安全にそして効率的に名刺を活用したいですね。

スクジュール管理

»

TrackBack URL

コメントする