Sign up for our e-newsletters!*

*A Class Act NY is committed to your privacy and we will not share your email address or personal information for any purpose

営業力をアップしたい、顧客管理をしっかりと行って業績に還元させたい・・という思いから営業支援ツールの導入を計画している会社も多いのでは?

そこで調べてみるとどうもCRMというツールが良いらしい、大企業も導入したことで増収増益という話を聞いた、とかいろんな噂が聞こえてくることでしょう。ではCRMができることは実際にはどのようなことなのでしょうか。

そもそも、CRMは顧客情報を管理するためのツールなんです。顧客の名前、住所、電話番号、性別など。昔はこのような連絡に使うだけの情報を顧客情報と言っていたのですが、もっと上質な情報にするために、顧客が今までにどのような商品を買ったのか、どういった嗜好をもっているのか、自社のホームページがあればその中でどのような足跡をたどったのか。これらを分析し、一人ひとりの顧客ごとに最適な商品、情報の提供を行うこと。これら可能をにしたんですね。

その結果顧客は商品やサービスを継続的に購入してくれる。企業は儲かる、という仕組みが完成するんです。

参照URL

»

TrackBack URL

コメントする