Sign up for our e-newsletters!*

*A Class Act NY is committed to your privacy and we will not share your email address or personal information for any purpose

SFAのシステムに営業マンが合わせるようにして利用していく・・これはSFAが日本に上陸した当初の話で、今ではどれだけカスタマイズができるのか、自社の営業に合わせることが可能なのか、これが当たり前のようになってきているとか。

というのも、企業それぞれに営業マンがこれまで培ってきた営業手法や経験が蓄積されています。それらを無視して新しいシステムに振り回されてしまっては、せっかくの蓄積されたものが台無しになるんです。しかも、営業マンがそのシステムに重要性を感じ無ければ、使わなくなってしまいます。これでは本末転倒もいいところですよね。

そこで、SFAでも自社に合わせたカスタマイズがどこまで可能なのか、この部分が見直されてきているんです。自社の持つ様々な手法をうまく活用できるように、そして営業マンたちが使いたい、と思えるようなカスタマイズ。SFAを導入する際には、カスタマイズがどこまで可能なのか、これを単なる選択肢のひとつと考えず、重要項目にしておくことが大切です。

»

TrackBack URL

コメントする