Sign up for our e-newsletters!*

*A Class Act NY is committed to your privacy and we will not share your email address or personal information for any purpose

SFAは導入に大きなコストが必要となることから、中小企業にとっては高根の花・・と考えられているようですが、近ごろは中小企業向けのSFAや、お試し期間を設けた敷居の低いSFAが登場してきています。

なので、とっかかりはこのような手軽に導入できるSFAを使ってみるか!という流れになるようですが、ここでちょっとご注意を。

もし、お試し期間のあるSFAを実際に試してみて自社に合わないシステムだと分かれば、期間が終了すれば利用しなくなりますよね。そこがお試し期間の良いところですから^^でも、その期間に自社の本来のデータを入力して使っていたら・・。営業マンが毎日コツコツと集めた大事な情報や商談内容です。これをお試し期間中に大量にデータ入力してしまっていたら、これをどうやって回収するのでしょうか。

データの安全管理、この点を考えると、お試し期間中は偽データや必要の無いデータを活用して、使いやすさや運用のしやすさを試してみる、ということをお勧めします。

»

TrackBack URL

コメントする