Sign up for our e-newsletters!*

*A Class Act NY is committed to your privacy and we will not share your email address or personal information for any purpose

名刺の管理ツールを使えるようになると、メリットが多いことに気づかされます。まずは名刺情報を自分で入力する必要がありません。カメラ機能で撮影するか、名刺をサービス会社に送ることで、自動で入力されるんです。

また、こういったツールはクラウドで管理されますから、社外にいても、どんな時間帯でも情報を取り出すことができます。ただ、会社によってはアクセス制限をかけられることもあるので、社長クラスが交換するような名刺情報を、平社員が勝手に取り出すことはできません。

そして、人脈形成をしたとしてもある人物が退社したり、昇進した場合には、それがサービス会社によって自動で更新されていくんです。いちいち自分で調べることなく名刺情報が更新されることが、最もメリットだと言う人もいるくらいです。

名刺の管理ツールと一口に言っても今では多くの会社がサービスをしていますよね。なので、どこの会社のものを選んで良いのかわからない、といった声も多く聞かれるんですが、もしかしたらそういう声が無くなるかもしれません。

というのも、最近私が見た名刺の管理ツールには、他のソフトからのインポート、そしてエクスポート機能が備わっていたんです。

最初に導入した名刺管理ツールに不具合が起きたり、使い勝手が悪かったり機能不足だったりしても、新しいツールに変えるとなると、最初からデータの取り込みが必要になるため、そのままのツールを使うことを選んでしまいがちです。

でも、このようなツールがあれば、簡単にデータの移行ができますから、本当に便利だし、どんなツールを使っても「どうにでも変更できるから」と神経質にならなくて済みますよね。

少し前までは、消費者が商品についての情報を得るには、テレビ、雑誌などからしかありませんでしたが、インターネット、そしてSNSの広まりよって情報を得る方法が多彩になりました。また、口コミというアナログな印象だったものもネットによって最強とまではいかなくても、商品を売るための大きな武器になっていることも。

そこで企業はこの消費者からの生の声をどうにかして集め、企業のモノづくり、モノの改善に役立てようとしているんです。その理由は、消費者のニーズを正確に捉え、求められているモノを作るため。

企業側が「売れるだろう」と思ったモノを販売しても、それが本当に消費者に受け入れられるかは、実際に販売してみないとわからないものでした。しかし、すでにニーズが確かなものであれば、販売予測が立てやすく、製造するべき量、在庫などもあらかた見積もりがしやすくなるんですね。

そのためにCRMが用いられ、消費者のニーズの把握、顧客からのクレーム、要望などの生の声を活かそうとしているんですね。

SFAを導入し、日々の営業に活かしていく際、最も変わることって何かわかりますか?

それは日報なんです。日報と聞くだけで営業マンの方は「面倒、わざわざ会社に戻らないといけない・・」というように、お荷物的なイメージを持っていますよね。しかし、その日報がSFAで劇的に使いやすくなるんです。まず、会社に戻らなくてもよくなります。スマホ、タブレットを使うため、日報もいつでもどこからでも入力が可能となるわけです。きっとSFAを導入して営業マンが最も助かる機能であるとも思われます。

また、日報は部署内全員、あるいは社内全員で共有化されるので、もし何らかの理由で一人の営業マンが抜けてしまっても、それまでの営業プロセスを他の営業マンも知っていますから、スムーズに引き継ぎができるようになるんです。

マネージャーの方も、日報にあらかじめ自分が知りたい情報を項目設定しておくことで、検索にかければすぐに情報を入手でき、営業マン全員の案件情報をいち早く知ることが可能になります。

CRMのSynergy!とマーケティングプラットフォームのアドエビスが連携したことがネットニュースに出ていました。

Synergy!では、「ユーザーのメールクリック数、開封率、Webページ閲覧数」などが分かるCRMでしたが、アドエビスとの連携によってさらに深いユーザーの行動、広告への接触回数といったものまでがわかるようになり、これらを総合してユーザーをセグメントできるようになったとのこと。より多くのそして深いユーザーの行動履歴がわかることで、それを扱う企業はもっと細かなユーザーの特徴などがわかるようになり、ユーザーが何を欲しがっているのか、確度高く情報を掴むことができるわけですね。

さらに、セグメントしたものを使って、ユーザーとのコミュニケーションチャンネルにて、それぞれのユーザーに対し、最適な情報を発信することも可能になるそうです。

一方で、そこまでしてユーザーのニーズを掘り起こさないと企業はモノを売ることが出来ないのか・・、と考えてしまいました^^

名刺CRM

名刺の管理ツールを使って、名刺情報をデジタルでサクッと管理する。とてもスマートで業務の効率化も実現しますよね^^でも、デジタルだからこそ、そこには大きなリスクがあることも知っておきましょう。

それは、情報の喪失、搾取です。パソコンで利用する他のツールでもそうですが、保存していたのにデータが無い!更新中にデータが消えた!ということ、ありますよね。最悪なのは、焦って色々クリックして、その結果、何も無くなってしまった・・ということ。

ですから、デジタルを使っていることはバックアップを定期的に取っておかないといけないんだ、という認識を持つようにしましょう。また、搾取の方ですが、これは、パスワード認証を必ず行う設定にすること、利用権限を必ずかけること。

こういったリスクを知ることで、対策を行うことが可能となります。

新規顧客を獲得するために大きなプロジェクトを立ちあげ、一定の成果がでた。でも次にまた新規顧客を獲得するには別のプロジェクトが必要、といったように、新規顧客の獲得には多大に費用がかかると言われています。

そのため、近年は新規よりも既存の顧客に焦点を当て、その人たちの満足度を上げる、ニーズを掘り起こすといった方向に企業はシフトチェンジしているんですね。そのためのツールとして使われているのがCRMです。

顧客の情報を幅広く収集し、一元管理する。そこから顧客がどんなものを求めているのか、喜ぶのか、ファンになってくれるのか、といったそれぞれの業態に合った目的を設定し、それらの回答となるようなものをCRMから導き出そうとしているんです。

実際、このようにしっかりとした目的を設定し、そのためにCRMをコツコツと活用してきた企業の中には売り上げを増大させたところも多くあるようです。企業がLINEなどSNSを利用してユーザー一人一人とつながりを持とうとしているのも、実はCRM施策によるものなんですね。

地方に行くと、まだまだ営業支援ツールに関する認識は低いようです。特に中小企業、個人企業などでは、営業支援ツール?と、その言葉自体にも始めて触れる方も多いとか。ま、必要性を感じない、今以上に増収を望んでいなければ、それでも良いでしょう。でも、そうじゃない企業も地方には多いはずです。

では、こういった地方の中小企業ではどのような営業支援ツールを使うと良いのでしょうか。主に営業支援ツールにはCRM、SFAがあります。それぞれにターゲットが違うのですが、地方ではCRMの方が地域性に合うかもしれませんね。常に新規の企業が作られているわけではなく、馴染みの企業が多い地方では、既存顧客をターゲットとするCRMの方が合っているそうなんです。

なので、こういったツールに興味を持ってはいるんだけど何から手を付けて良いのかもしれない、というところにはまずはCRMを導入することをおすすめします。顧客と自社との関係性を管理して、既存顧客をリピーター、優良顧客へとランクアップさせる、ステップメールなどを自動配信するなどの機能がCRMには揃っています。

ご存知でしたか?CRMを導入した企業の8割以上が、結果的に失敗した・・というデータがあるんだそうです。これって数年前のものじゃないかとは思うんですが、それを未だに信用し、自社でも導入したとしても失敗で終わるんだろうなと思っていませんか?それは試してみないとわからないこと。データだけを信用するのではなくて、自社でどうなのか、ということが大事なんです。

確かに、CRMをサービスする会社のホームぺージには良いことばかりが書かれています^^コストもかからない。利用も簡単。入力はチェックだけでOK!とかね。実際使ってみると、「こんなはずじゃなかった」という営業マンもたくさんいるようです。

ただ、考えてみてください。そんなに簡単に使えるツールであれば、すでに多くの会社が導入に成功し、ツールの効果を最大限に発揮させているはず。それができていないから、むしろCRMを使いこなすことが重要なんですね。

8割以上の会社が失敗している、と思われている今こそ、導入すべき時なのではないでしょうか。

営業支援ツール

システムの得意な事、それはミスを発見することです。例えば、営業の際に発注された情報をExcelに入力。そこから発注書を作っていても、突然担当者が替わったりすると発注にミスが出ることがよくあります。同じ担当者でも、ミスを犯してしまうことがあるものです。

それをそのまま発注にかければ、営業先に納期の延期をお願いしないといけなくなったり、自社に大きな損害をもたらす可能性もあります。こんな人為的なミスは起きるものですが、最小限に食い止める必要もあります。

そこでSFAを使い、営業活動や営業プロセスを入力し、そこから発注なども行っていけば、SFAのシステムによって人為的なミスがあれば警告をしてくれるんです。これまでの発注と大きく違っていたり、ミスの原因を探る、といった時間も必要無くなります。

こういったことはシステムというものが得意とする分野でもあります。働き方改革の推進にも一役買うSFAは、これからのビジネスにおいては必須のツールになっていくと思われますね。

営業支援サービス案内

Newer Posts »